ポイントベットがバナックを買収し米国のインプレー賭け能力を強化!

ポイントベットがバナックを買収し米国のインプレー賭け能力を強化!

ASX上場のスポーツベッティング事業者であるポイントベットは、アイルランドの子会社であるルックスペル社を通じて、I and t社がバナック・テクノロジー社を買収するための拘束力のある契約(SPA)を締結したことを発表しました。

ダブリンに拠点を置くバナック社は、スポーツベッティングのリスク管理ソリューション、トレーディングソフトウェア、カスタマイズされたベッティング機能(キャッシュ・アウト、アッカ・ビルダー、ビルド・ア・ベット・コンポーネント)の開発を専門としています。

ポイントベット社は今回の買収により、技術力と取引能力を強化し、規制の厳しい米国市場での成長を加速させることを目指します。

ポイントベット社は、4,500万ドル相当の取引を確保し、バナック社の株式の55%を現金で取得し、残りは共同株式スキームで支払うことに合意しました。

ポイントベット社のグループCEO兼マネージング・ディレクターのサム・スワンエル氏は次のように述べています。「バナック社が買収に合意し、その信頼性の高いチームがポイントベット社に加わることを嬉しく思います。」

「米国でスポーツベッティングの合法化が加速する中、インプレイの機会が重要であることは明らかであり、最も深く幅広い商品を持つ企業が勝者となるでしょう」と述べています。

米国では、今後3年以内にインプレイ賭博がスポーツベッティング全体の75%を占めるようになると予想されており、バナック社がインプレイ技術を取得することで、ポイントベット社の米国での事業が大幅に強化される可能性があります」と述べています。

ポイントベット社はオーストラリアで設立されましたが、現在はコロラド州デンバーに本社を置き、米国の6つの州で事業を展開しており、さらに6つの州で市場参入の契約を維持しています。

ポイントベット社は、バナック社の買収により、約束された達成利益を実現し、米国のスポーツベッティング分野でお客様に優れた価値を提供できるようになると期待しています。

技術はポイントベットのすべての活動の最前線にあり、独自技術に対する社内のアプローチを最優先にしています」とスワンエルは続けます。

バナハには、志を同じくする技術者のチームを見つけることができました。買収は、市場をリードする技術の所有権を維持しながら、市場投入のスピードを劇的に向上させることができるため、インプレイ機能を組織的に開発するよりも望ましいアプローチです。また、当社は今後も自らの運命をコントロールしていきます」と述べています。

今回の買収に伴い、バナック社は400万米ドルの資金を提供します。この資金は、取引完了時にポイントベット社が保有し、同社の既存のエクイティオプションの転換をより良くサポートすることになります。

バナハのCEOであるマーク・ヒューズは次のように述べています。”我々は、このビジネスと過去数年間に築いたチームを非常に誇りに思っています。バナッハのCEOであるマーク・ヒューズは次のように述べています。「急成長する米国市場でのビジネスチャンスと、米国におけるポイントベットのプレゲーム、インプレイ、フリー・トゥ・プレイの提供を加速・強化するためにバナッハのチームが果たす役割に、これ以上ないほど期待しています。このような先進的なグローバル組織の一員になれることを非常に嬉しく思います」と述べています。

ヒューズ氏は、バナッハの人材として、トレーディングプラットフォームポイントベットのグループ最高執行責任者でもあるエンジニアリング担当副社長のアレックス・ゼヴェンベルゲン氏、定量分析担当副社長のハドリアン・ルプレット氏、製品・技術顧問担当副社長のロブ・レック氏が加わることを付け加えました。また、次のように述べています。「私たちは、彼らと一緒に仕事をすることを楽しみにしています。

ブックメーカーカテゴリの最新記事