ウェーデン人のわずか5%がオペレーターが免許を持っているかどうかを確認する方法を知っている!

ウェーデン人のわずか5%がオペレーターが免許を持っているかどうかを確認する方法を知っている!

スウェーデンの規制当局ゲーミング・インスペクターが実施した調査によると、オペレーターがライセンスを持っているかどうかを確認する方法を知っているスウェーデン人はわずか5%でした。

1,139人のギャンブラーを含む1,737人のスウェーデン人を対象としたこの調査では、回答者の95%が、オペレーターがスウェーデンで営業するためのライセンスを持っているかどうかを確認する方法を知らないことがわかりました。

オペレーターがライセンスを持っているかどうかを確認するために、オペレーターのウェブサイトをチェックすると答えた人はわずか2%、Googleを利用すると答えた人は1%、ゲーミング・インスペクター社の自社サイトをチェックすると答えた人は1%でした。

2020年にライセンスのないオペレーターで遊んだことがあると答えたのはわずか3%で、80%がないと答えていますが、この混乱が、17%がその年にライセンスのないオペレーターでギャンブルをしたかどうかわからないと答えた理由かもしれません。このことが、17%の人が、その年に無免許のオペレーターでギャンブルをしたかどうかわからないと答えた理由かもしれません。

同様に、自己排除ツール「ゲームブレーク」を知らないと答えたのは43%で、50%から減少しました。今週、ゲーミング・インスペクターは、ゲームブレークの新しい認知度向上キャンペーンを開始し、ツールの認知度とその利点を高めることを目指しています。

また、67%の回答者は、ライセンスを持つオペレーターとプレイすることのメリットを挙げられませんでした。考えられるものとしては、15%が「安全性」を挙げ、4%が「ライセンス事業者がスウェーデンに税金を納めていること」、1%が「スウェーデンの法律がこれらの事業者に適用されること」を挙げています。

今回の調査では、スウェーデンのギャンブルは、減少傾向から一転して増加傾向にあることもわかりました。

過去1年間にギャンブルをしたことがあると答えた人の割合は、2013年以降減少傾向にありましたが、今回の調査では6%ポイント増加し、66%となりました。過去1週間または1ヶ月間にギャンブルをした人も、トレンドに逆らっていますが、その割合は小さくなっています。それぞれ、32%と47%でした。

ギャンブルをする人のうち、「ほぼ毎日する」と答えた人は1%、「週に何度もする」と答えた人は28%でした。

最も人気のあるギャンブルは「宝くじ」で、回答者の61%が利用しています。また、32%がレースに賭け、22%がその他のスポーツイベントに賭けています。また、「ビンゴ」は18%、「カジノゲーム」は11%、「ポーカー」は9%が利用しています。

オンラインプレーヤーに限ってみると、「オンライン宝くじ」が32%、「競馬」が20%、「オンラインスポーツ」が17%、「オンラインカジノゲーム」が7%、「ビンゴ」が6%、「ポーカー」が5%となっている。

ビンゴ」を除くすべてのゲームは、女性よりも男性に人気がありました。また、「宝くじ」と「競馬」は年配の方に、「スポーツ」と「ポーカー」は若い方に人気がありました。

回答者の62%が、ギャンブルをする主な理由として、「娯楽」と「レクリエーション」を挙げています。回答者の30%は大きな勝利を求めていますが、同じ数の人が「勝率がいい」と答えています。

また、15%が「日常生活に必要なお金を稼ぐため」、11%が「支出を進めるため」、11%が「社会性のため」と回答しました。

ゲームをプレイする上で最も重要な要素は何かという質問には、やはり36%の人が「娯楽」を挙げました。しかし、「勝てる確率」と「安全性」が35%と僅差で続いています。一方、スウェーデンの認可を受けたオペレーターが最も重要な要素であると答えたのは31%で、27%は「オッズ」と答えました。

ギャンブラーの大多数(79%)は自宅でプレイしています。また、25%は新聞販売店で、4%は職場や学校でプレイすると答えています。

3%のギャンブラーが過去1年間にやりすぎたと答えており、カジノやポーカーのプレイヤーはこの質問に肯定的に答える傾向がありました。しかし、やりすぎのために助けを求めたことがあると答えた人は1%未満でした。

オンラインプレイヤーにとっては、スヴェンスカ・スペルが圧倒的に人気のあるオペレーターで、55%が一番のお気に入りと答えています。しかし、これは2019年から8ポイント減少しています。

かつての競馬の独占企業であるABトアラブ・アンド・ギャロップ(ATG)は23%で6ポイント上昇。一方、「ベット365」と「ユニベット」は、わずか4%のプレイヤーが挙げているだけで、遠い3位に並んでおり、その他の事業者で1%以上のプレイヤーが挙げているのは「ベットソン」と「ミスターグリン」だけです。

特定のオペレーターとの間で問題が発生した場合、誰に相談するかという質問に対しては、回答者の大半(81%)が「わからない」と答えています。オペレーターに相談する」と答えた人はわずか6%、「ギャンブルに関するヘルプラインに相談する」と答えた人は3%、「消費者庁(KO)に相談する」と答えた人は3%、「ゲーミング・インスペクターに相談する」と答えた人は2%でした。

参加者には、現在のスウェーデンのゲーム市場を表す具体的な言葉があるかどうかも尋ねました。2019年は48%が「面白い」と答えました(強く同意した7%を含む)。しかし、「安全である」と答えた人は30%で、前年の27%から増加し、「信頼できる」と答えた人は25%、「安全である」と答えた人はわずか10%でした。健康的だと答えた人は、いずれも2019年より改善しました。

また、今回の調査では、ギャンブル依存症の増加について「事業者に全面的な責任がある」と答えた人の割合が12%(5ポイント)増加しています。部分的に責任がある」と答えた人も2%ポイント増えて32%となり、「全く責任がない」と答えた人は31%から24%に減少しました。

過去1年間にギャンブルをしなかった人のうち、29%が「勝てなかったから」と答えました。一方、17%が「ゲーム業界への信頼がないから」、20%が「ギャンブルに飽きたから」、6%が「過剰な広告があるから」と答えました。さらに11%は、単に興味がないと答えています。

ブックメーカーカテゴリの最新記事