BGCは首相に5ポイントのCovid-19回復計画を提案!5項目の計画を実施するよう求める!

BGCは首相に5ポイントのCovid-19回復計画を提案!5項目の計画を実施するよう求める!

ベッティング&ゲーミングカウンシル(BGC)は、大蔵大臣であるリシ・スナック氏に書簡を送りました。
その内容は、ギャンブル業界が新型コロナウイルス(Covid-19)のパンデミックから回復するための5つの項目の計画を実施するように求めた内容の文書です。

この提案は、2021年3月3日に行われた予算案を前に行われたものです。
この予算案では、大蔵大臣であるリシ・スナック氏が次の会計年度に向けた一連の主要な発表を行いました。

5つの提案の中には、事業税率の軽減措置をもう1年延長する案も含まれた内容も含まれています。
ベッティング&ゲーミングカウンシル(BGC)は、新型コロナウイルスパンデミックの際に閉鎖を余儀なくされた賭博場やカジノを支援するものとしています。
新型コロナウイルスの影響により、ゲーミング業界は営業停止などの大きな負担を強いられました。
多くのゲーミング業界が損失を受けてしまい、新型コロナウイルス発症前の2019年度と℗比べると大きな損失となってしまい、今までにない大打撃を受けてしまいました。

2020年3月に導入された事業税率の軽減措置では、小売業、レジャー業、接客業の事業者は12ヶ月間、事業税率の支払いが免除されていました。当初はギ、ャンブル事業には適用されませんでした。しかし、ベッティング&ゲーミングカウンシル(BGC)の圧力により、最終的にはギャンブル事業にも適用されることになりました。

ベッティング&ゲーミングカウンシル(BGC)の最高責任者であるマイケル・ドゥーガー氏は、「これにより、雇用が守られるとともに、パンデミックにより大きな収入減に見舞われた企業の財政負担が軽減されます。

また、ベッティング&ゲーミングカウンシル(BGC)の計画には、ウェールズとスコットランドの分権行政機関のギャンブル事業者に対する同様の支援が、それぞれの新型コロナウイルスCovid-19支援計画の一環として含まれています。

一方、ベッティング&ゲーミングカウンシル(BGC)は、政府が規制緩和のスケジュールを遵守し、2021年4月12日からベッティングストアが他の非義務的小売業者と同様に再開できるようにすることをリシ・スナック首相に要請しています。」

ボリス・ジョンソン首相は、2021年2月下旬、イギリスの封鎖解除の一環として発表した中で、政府が一定の新型コロナウイルスCovid-19目標を達成することにより、2021年4月12日から賭博場を再開できることを確認しました。

これに関連して、ベッティング&ゲーミングカウンシル(BGC)は、2021年5月17日に再開が許可される際に、カジノやその他のホスピタリティ施設に対する現行の午後10時からの夜間外出禁止令が再び発動しないよう、政府に要請しました。

また、ベッティング&ゲーミングカウンシル(BGC)は、新型コロナウイルスCovid-19による封鎖と規制の結果、2020年に業界がいかに大きな損失を被ったかを改めて説明し、首相に対し、ギャンブル事業者に高い税金や関税を導入しないよう求めました。

最後に、ベッティング&ゲーミングカウンシル(BGC)は、ボリス・ジョンソン首相が今後、賭け事・ギャンブル分野の規制を行う際には、競馬が賭け事から受ける重要な支援を損なうことのないようにしなければならないと述べました。どのような変更の場合でも、競馬部門に悪影響を及ぼす可能性があります。

「いずれにしても、賭博・ギャンブル産業は英国経済への重要な貢献者です」とデュゲルは述べています。イギリスが新型コロナウイルスCovid-19から抜け出し始め、ハイストリート・ビジネスが成長と雇用創出に戻る可能性を解き放つ中、次の予算が回復への足がかりとなることを願っています。

ブックメーカーカテゴリの最新記事