オランダのチャネライゼーション率が2024年の目標を達成できないよう設定!

オランダのチャネライゼーション率が2024年の目標を達成できないよう設定!

オランダの規制当局であるカンペールアウトライト(KSA)は、市場の予測チャネリング率が2024年の目標である80%を達成できないことを明らかにしました。

カンペールアウトライト(KSA)は、H2ギャンブルキャピタル社とレグルスパートナーズ社のレポートを参考にして、オランダのオンラインギャンブル市場全体の規模を推定しました。

レグルス社は、合法的なオンラインゲームが開始されてから3年後の2024年までに、ライセンス市場と非ライセンス市場を合わせた市場規模は、ボーナスを除いて8億2700万ユーロになると予測しています。一方、H2ギャンブルキャピタル社は、ボーナスを含めた市場規模を10.8億ユーロと予測しています。

カンペールアウトライト(KSA)社によれば、このボーナスの違いが、数字の違いを「ほぼ完璧に」捉えているという。

リーガル市場だけを見ると、下期は2024年に7億5,700万ユーロの収益を予測していますが、レグルス社は規制された収益とオフショアの合計を分けていません。

つまり、収益の約70%が法的な提供に振り向けられることになり、カンペールアウトライト(KSA)の現在の目標である80%を下回ることになります。
目標は、達成できないということになります。

H2ギャンブルキャピタル社は、オンラインギャンブルへの課税率が29%と、スウェーデンの18%、デンマークの20%よりも高いオランダでは、税率がチャネリングの「大きな障害」になっていると述べています。

「プロバイダー(の一部)は、ギャンブル税をプレイヤーに転嫁しようとしています」とカンペールアウトライト(KSA)は述べています。これでは、合法的なゲームの魅力が半減してしまうことになってしまいます。
利用料金が高くなることで、プレイヤーは遠ざかってしまいます。
これでは、合法なゲームのみが無くなってしまいます。

現在、オランダの違法プロバイダーは、ギャンブル税を支払っていません。そのため、価格に敏感なプレイヤーは、違法なプロバイダーでプレイするインセンティブを得ることができます。
ギャンブル税を支払わず、少ない資金でプレイが可能となるからです。
そのため、違法プロバイダーでプレイするプレイヤーは少なくないことが現状となっています。
もちろん違法プロバイダーでプレイすることは違法ですが、多くのギャンブル税を考えると、ついつい利用してしまうという状態です。

レグルス社は、チャネライゼーションを収益の観点から分類していませんが、カンペールアウトライト(KSA)社は、プレイヤーの90%が規制市場に移動するという「暗黙の期待」を持っていると述べています。これは、広告規制が厳しすぎないことが条件であると付け加えています。

また、カンペールアウトライト(KSA)は、チャネリングは、対象となる分野によってさまざまな要因の影響を受けると指摘しています。

例えば、ポーカープレイヤーは流動性の高いサイトでプレイする傾向があり、スポーツベッターは最高の価格を求め、カジノプレイヤーはボーナスを求めるかもしれません。

規制当局は、2021年の市場全体に対するレグルス社の予測収益は5億4,400万ユーロであり、下半期の予測収益は5億1,300万ユーロであると指摘しています。

一方、H2ギャンブルキャピタル社はより急速に成長する市場を予測しており、2020年の収益予測はレグルス社の3億9400万ユーロに対し、4億1600万ユーロとなっています。

これは、正確な数字、特に違法な部分に不確実性がある(今後もある)ことを示しています」と述べています。

オランダのオンラインギャンブルは、3度の延期を経て2021年10月1日に開始される予定です。今月初め、政府は同国の二次ギャンブル規制を国の官報に提出しました。

ブックメーカーカテゴリの最新記事