H2はCovid-19の賭けへの影響を分析|2020年の収益に与える真の影響を解説

H2はCovid-19の賭けへの影響を分析|2020年の収益に与える真の影響を解説

2019年の収益とパンデミック前の2020年の予測を比較し、将来の予測を調整することで、新型コロナウイルスのパンデミックが2020年の収益に与える真の影響を解説していきます。

2019年、競馬やドッグレースを含むベッティング分野の賞金総額は710億ドルで、そのうち競馬を除くスポーツベッティングが55%、400億ドル弱を占めると考えられます。

これを踏まえて考えると、ベッティング分野の総収入710億ドルは、世界のギャンブル市場全体の16%ですが、宝くじも含まれているため、意味のある分野であると言えます。

地域別では、スポーツベッティングの半分弱がアジアで行われており、その大半は日本と中国で行われています。このデータはホワイトマーケットとグレーマーケットのみを対象としており、アジアのブラックマーケットの活動は含まれていません。ヨーロッパはベッティングの賞金総額のほぼ47%を占めていますが、初期の北米市場はGGRのわずか6%に過ぎません。

新型コロナウイルスのパンデミックは、世界のベッティング市場にどのような影響を与えていますか?
H2社は現在、2020年のベッティング総額が600億ドルになると予測しており、2019年と比較して前年比15%減となります。しかし、年初の2020年予測が750億ドル程度であったことと比較すると、年内は20%以上のダウングレードになるとバーキンは述べています。

このダウングレードは、主要なスポーツイベントの中断や中止が原因のひとつであると同時に、物理的なベッティング拠点の閉鎖が原因でもあるため、オンショアとオンラインのセグメントへの影響は大きく異なると説明しています。

オンライン・セグメントの場合、インタラクティブ・ベッティングのGGRは、2019年の下半期予想と比較して10%減少しています。ランドベースベッティングのGGRは、物理的な施設の閉鎖により、30%近く減少しています。

バーキンは、スポーツベッティングと競馬の活動には大きな違いがあると言います。閉鎖期間中も何らかの形で競馬活動が継続されていたため、インタラクティブ・レーシングのGGRは下半期の当初予想から4%しか減少していませんが、インタラクティブ・スポーツベッティングのGGRは16%減少しています。

バーキンは、前年同期比の成長率で見ると、ダウングレードの大きさはすべての州で同じだと述べています。北米は、米国のスポーツベッティング市場の開放と継続的な拡大により、依然として強い成長を取り戻すことが期待されています。

バスケットボールの「マーチ・マッドネス」の中止は、2020年3月の数字に大きな影響を与えました。しかし、それ以降、パンデミックはスポーツベッティングの閑散期である2020年4月、5月、6月、7月に発生しています。つまり、その影響は他のケースに比べてはるかに小さいのです。

ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)のシーズン開始が2020年9月であっても、H2はパンデミックの影響を受けることが予想されます。これは、各州が業界を規制した後は、市場の規模や状況が刻々と変化するためです。前年比での強い成長

パンデミックのもう一つの影響は、マイナーなスポーツやイベントの増加です。2019年4月と5月には、市場の75%以上が野球とバスケットボールで構成され、その他のスポーツが生み出す市場は4分の1にも満たないものでした。

しかし、2020年の同時期には、ハンドルの20%以下が野球、バスケットボール、アメリカンフットボールからで、80%以上がマイナースポーツからのものでした。アクションの大半は、卓球、総合格闘技、マイナーリーグのサッカー、ダーツ、モーターレースに関するものでした。

バーキン氏によると、ヨーロッパでも同様のパターンが見られ、従来のメジャーな賭け事が、卓球やマイナーなサッカーリーグなどのマイナースポーツに取って代わられたという。

バーチャルと
Eスポーツは、ほとんどの伝統的なスポーツに動きがないため、パンデミックの間中、メディアの注目を集めています。2020年、H2は、eスポーツのベッティングが2019年比35%の成長を遂げると予想していますが、これはスポーツベッティング市場全体の約1%に過ぎません。オンラインのみのベッティング市場では、これは約3%に相当します。

この間、バーチャルベッティングが成長していないことは意外に思われるかもしれません。しかし、バーチャルベッティングの大半が小売のベッティング施設で行われていることを考えると、H2は、小売のベッティング施設の長期閉鎖が、オンラインのバーティカルベッティングの力強い成長に比べて逆風になっていると説明しています。

オンラインに移行するベッティング活動の市場規模は加速しており、H2社はその割合が前回の予測よりも3%増加すると予測しています。これは、2024年には、オンラインギャンブルが市場の約50%を占めることを意味します。

新型コロナウイルス関連の規制がプロスポーツに与える影響は、まだはっきりしていません。例えば、ドイツのブンデスリーガの初期の分析では、ホームでプレーすることの利点が失われつつあることが指摘されています。事業者が価格設定の際にこの点をどのように考慮し、顧客の活動にどのような影響を与えるかについては疑問が残ります。

2020年夏、立法活動の活発化と税収増加の必要性の高まりから、規制リスクが高まっています。バーキンは、過度に厳しい規制の悪影響の例としてケニアを挙げ、2019年に大幅な増税を行った後、政府は姿勢を変えて市場の回復を認めざるを得なくなったと述べました。

セッションの最後に、バーキンは注意を促しました。現在のゲーミングにとっての大きな脅威または機会は、規制当局の懸念にいかに合法的に対処するか、税収の必要性を活用するか、積極的すぎる姿勢が法定市場に悪影響を及ぼすことを規制当局に納得させるかです。

オンラインカジノカテゴリの最新記事