エルコ・ゴールド・ダスト・ウエスト・カジノで金鉱夫が1250万ドルのジャックポットを当てた!

エルコ・ゴールド・ダスト・ウエスト・カジノで金鉱夫が1250万ドルのジャックポットを当てた!

2016年3月22日(火)にエルコのカジノで起こったことは、アメリカンドリームであり、おとぎ話のようなものでした。64歳の金鉱夫エフレン・アギーレさんは、休日に1250万ドルのジャックポットを当てました。大金を手にしたにもかかわらず、エフレンさんは「まだ仕事に行くよ! と言った。

エルコ・ゴールドダスト・ウエスト・カジノは、ネバダ州の北東部に位置しています。カジノには350台以上のスロットマシンと、ブラックジャック、クラップス、3カードポーカーなどのゲームテーブルがあります。

2016年3月22日、エフレン・アギーレは上司に休暇を申請した。彼は妻のマリアと一緒にカジノで遊ぶことにした。

エフレンは64歳で、ニューモント・マイニング社のリービル鉱山で16年間、岩盤破砕機のオペレーターとして働いてきた。彼は1968年にメキシコから移住してきた。

その日、彼はIGTのメガバックスロットマシンでプレイし、100ドルを投入して7回目のスピンでジャックポットを獲得しました。

ジャックポットの金額は1250万ドル。

エルクデイリー.comによると、エフレンさんは機械が壊れていると思い、カジノの従業員に電話をかけました。しかし、従業員は彼がジャックポットを当てたことを確認しました。

これは、イーエルコ・ゴールドダスト・ウェスト・カジノの歴史の中で最大の支払いです。

支払い後、エフレン・アギーレ氏は、「自分の仕事が好きなので、これからも普通の生活をしていく」と語った。

エフレン・アギーレと彼の妻は、エルコのビバリー・サークルに夢の家を購入しました。また、彼と妻は、当選した場合に備えて、ほとんどのお金を貯めておくつもりだそうです。

100万ドルのジャックポットを手にした後の、なんと美しいリアクションでしょう。

あなたならどうしますか?もしあなたがジャックポットを当てたら、何をしますか?

オンラインカジノカテゴリの最新記事